真犯人フラグ

真犯人フラグ7話の感想とネタバレあらすじ!動画の送り主は誰?

真犯人フラグ7話の感想とネタバレあらすじ!動画の送り主は誰?
Pocket

日本テレビ系で日曜午後10時30分から放送されている日曜ドラマ『真犯人フラグ』が盛り上がっていますね!

今回は、第7話のあらすじを簡単に紹介し、視聴者の方や私の感想をお届けします。

第6話のラストは、凌介の娘・光莉が拘束された様子の動画を凌介・二宮が見つけるという衝撃の展開でしたね。

光莉が無事に助け出してもらえることを願うばかりです…。

第7話では、凌介が精神的に追い詰められて憔悴していく様子が見ていて苦しかったです。

では、『真犯人フラグ7話の感想とネタバレあらすじ!動画の送り主は誰?』と題して、まとめていきます。

ネタバレありで紹介するので、注意して読んでくださいね!

是非、最後までお付き合いください

 

真犯人フラグ7話ネタバレあらすじ

『真犯人フラグ』第7話では、動画が添付されたメールの送り主が判明しましたね!

この送り主と真犯人は一体どういう繋がりなのかが気になります。

今回もびっくりするようなシーンがあり、テレビを見ながら飛び上がった人も多いのではないでしょうか。

あの怖い絵が頭に焼き付いて離れません…。

それでは、『真犯人フラグ』第7話の詳細なあらすじをネタバレ有でご紹介していきます♪

 

動画の撮影場所に突入

凌介(西島秀俊)の会社に送られてきたメールに添付されていた動画の内容は、娘・光莉(原菜乃華)が拘束されている様子を撮影したものだったと発覚したところから、物語は始まります。

この動画に衝撃を受けた凌介と二宮(芳根京子)は、すぐさまその動画を警察と橘(佐野勇斗)に転送し、調べてもらうことになりました。

しかし、無断で動画を橘に転送したことを警察から注意されてしまいます。

橘は、自身が社長を務めるプロキシマの社員の協力により、警察とほぼ同時に動画の撮影場所を特定します。

警察より少し早く現場に到着した凌介・二宮・橘は、各々武器を持って突入します。

すぐに警察とも合流し突入しますが、現場には誰もいませんでした。

後の警察の調べにより、この現場は動画が撮影された場所ではないことが判明します。

翌朝、警察と口論になる凌介でしたが、疲れにより気絶してしまいます。

 

憔悴していく凌介と不倫疑惑動画

凌介は、光莉が拘束された動画を見て以来、みるみる憔悴しきます。

凌介は1日休んだ後出社しますが、動画の内容が頭から離れず落ち込んでいる様子でした。

凌介を心配して、二宮が元気を出すように励ましましたが、その二人の様子を誰かに撮影されていました。

警察では、光莉の動画が添付されていたメールの発信元が分かり、阿久津刑事(渋川清彦)と落合刑事(吉田健悟)はすぐさま現場に向かいます。

メールの発信元はとあるネットカフェで、そのネットカフェのパソコンを利用していた男性を事情聴取をするため連行します。

一方、ぷろびん(柄本時生)は凌介の後を追おうとしていた謎の男(前野朋哉)とぶつかります。

謎の男は自身の名前を「中村充」と言っていました。

ぷろびんは中村充を底辺ユーチューバーかと疑いますが、検索しても出てこない一般人でした。

その後、ぷろびんは二宮に突撃取材し、社内で凌介を励ましていた時の写真を使って不倫疑惑動画をアップします。

恐ろしいことに、凌介の会社の社内にぷろびんと繋がっている人物がいるということですよね…。

二宮はそれ以来マスコミの取材から逃げるため、配達スタッグの望月(坂東龍汰)に助けてもらいつつ出勤するようになります。

しかし、社内は凌介と二宮の不倫の噂で持ち切りなのでした。

 

動画の送り主に事情聴取

警察では、ネットカフェでメールの発信元とみられる男性に事情聴取をしていました。

男性はメールの送信は自分ではないと否定していましたが、警察により女子高生の隠し撮りや娘・光莉のストーカーをやっていた証拠写真を提示されます。

実はその男は以前に光莉をストーカーしていた男でした。

ストーカーの証拠写真を見せられた男は、黒い服の女性に脅されて動画を送信したことを認めました。

脅した人物は、女性だということが分かりました。

 

不倫の否定

一方、二宮は記者たちに説明しようと決心し、記者の集団に囲まれます。

その時ぷろびんが原因で、記者たちは二宮も巻き込んでドミノ倒しになってしまいますが、下敷きになりそうだった二宮を凌介が助けてくれたのでした。

そこで、凌介がマスコミに対して二宮が真剣に凌介の家族を見つけようと協力してくれていることを説明します。

その様子をぷろびんが生放送で動画を流していましたが、動画のコメントは次第に凌介を応援するものに変化していくのでした。

しかし、凌介はその瞬間再び気絶をし、病院に運ばれます。

病院で意識が戻った凌介は、二宮に謝罪をされます。

その直後、林が見舞いに現れ、「これ以上凌介が騒ぎを大きくするなら、工事を再開できない」と伝えられてしまいました。

 

凌介に送られてきた衝撃の写真

その後、日野(迫田孝也)の店でいつものように凌介や二宮、河村(田中哲司)、橘が集まります。

橘は失踪時に着ていた息子・篤人(小林優仁)の服がフリマアプリに売られていたことを凌介たちに説明しますが、すぐに篤人の服は売却されてしまいます。

凌介は菱田(桜井ユキ)が篤人の服を売っていたのではないかと推測し、フリマアプリの写真に写りこんでいたカーテンや絨毯の色を確かめるために菱田の家に自分が訪ねることになりました。

凌介は菱田に熱烈に歓迎され、マッサージを受けることになります。

その時、菱田の息子・清明(桑名愛斗)が帰宅し、凌介は清明に声を掛けますが、その途端菱田に家から追い出されてしまいます。

実は、フリマアプリで篤人の服一式を購入していたのは本木(生駒里奈)でした。

本木は、売主が誘拐したことを知っていると売主に脅しのメッセージを送るのでした。

林(深水元基)は同僚と居酒屋で酒を飲みながら、凌介と真帆(宮沢りえ)の保険金のリークをしたのは自分だとぼやいていました。

そんな会話を橘は耳にしてしまうのでした。

凌介は、家族との過去を思い出しながらダイレクトメールの整理をしていると、中から「それでも探しますか」と書かれた紙を発見します。

その紙には写真が一緒に印刷されており、写っていたのは林と真帆の二人だったのです―――。

 

真犯人フラグ5話の感想

『真犯人フラグ』第7話の感想を集めてみました。

今回もツイッターでは考察ツイートで大変盛り上がっていました!

謎の男の名前も判明しましたが、凌介に対して恨みを持った人物なのか気になりますね。

この絵が怖すぎて、ホラーが苦手な私は「ギャー!!」と叫んでしまいました。

ツイッターで探すのも怖かったです…。

同じようにびっくりしてしまった視聴者の方もきっと多いですよね。

下に書いてあった「死ニタイ」という文字も不気味で恐ろしかったです。

本木役を演じる生駒里奈さんの公式ツイッターで、本木の家で撮った写真がアップされたそうです。

その写真の後ろに写りこんでいたのが油絵の道具。

今回のこの恐ろしい絵を描いた道具なのでしょうか。

本木は謎が多すぎて、凌介とどのような関係があるのかさえ、まだ詳しくは分かりません。

気になって目が離せない人物ですね!

 

本木がフリマアプリで篤人の服一式を購入し、売主に送っていたメッセージ。

本木が誘拐に大きく関わっていると思っていたので、まるで売主に敵対しているようなこのメッセージ内容には驚きました。

篤人の服をフリマアプリに売っていたのは、やはり菱田なのでしょうか。

まだまだ分からないことがいっぱいで、謎が解き明かされていくのが楽しみです。

 

フリマアプリの背景の絨毯とカーテンは菱田の家ではないことが明らかになりましたね。

いつもダメダメな凌介も必死の思いで潜入していました。

前回の第6話で、菱田が凌介の家の合鍵を真帆から預かっていることが判明しました。

凌介はそのまま菱田に合鍵を持っていてもらうことにしていたので、現在菱田は凌介の家の鍵を持っている状態です。

もしフリマアプリの売主が菱田であるとすれば、凌介の家に侵入してフリマアプリで売る服を撮影することも可能です。

確かに、よく見ると凌介の家のカーテンや絨毯と似ている気もします…。

真相が気になります!

 

以前からクレーマーのバタコさんは女優の香里奈さんだという噂がありましたが、今回の口元と電話の声が香里奈さんぽいですよね。

この口元だけ映った謎の女性は、前回の第6話でも「充さん」という人からの着信でスマホが光っていましたね。

口元だけ見ても、不気味で恐ろしそうな雰囲気あります…。

バタコさんを演じているのは誰なのか、早く知りたいですね!

 

今回、謎の女性のスマホに着信が来ていた「充さん」の正体が分かりましたね。

前回の第6話で、踏切で凌介に声をかけていた謎の男が「中村充」だと名乗っていました。

つまりこの中村充と関係のある人物が、タッパーにハンバーグらしきものを入れて運んでいた謎の女性と繋がりがあることが分かります。

中村充はあまり悪い人のように見えないような気がします。

凌介に何を伝えようとしているのかも早く知りたいですね!

 

謎の女性がタッパーにハンバーグを詰めて運んでいるこのシーン、おそらく誰かを監禁している犯人のようですよね。

中村充と関係がある人物ということだけが分かっています。

監禁されているのが篤人なのか光莉なのか、もしくは真帆なのかは分かっていません。

篤人を誘拐した犯人と真帆や光莉を誘拐した犯人が別であるならば、篤人を誘拐した犯人は謎の女性か菱田ではないかと予測しています。

いずれにしても、光莉のあの怖がっている表情を思い出すと胸が苦しくなるので、早く見つかってほしいですね。

 

まとめ

『真犯人フラグ』第7話について、ネタバレありのあらすじや感想をまとめてみました。

最後の写真は衝撃的でしたね!

第8話で、凌介と林の直接対決がどうなっていくのかが気になります。

本木がどんな人物なのか、どんな謎を握っているのかがいまだに明らかになっていないので、早く知りたいですね。

菱田の家の押入れの中身も早く知りたくてウズウズしています(笑)

真相が気になる部分が多く、早く8話を見たくてソワソワしちゃいます。

第8話では、写真に写っていた真帆と林の関係が明らかになりそうなので、注目です。

『真犯人フラグ7話の感想とネタバレあらすじ!動画の送り主は誰?』を最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

ドラマ『真犯人フラグ』公式サイトが気になる方はこちらからどうぞ。

Pocket