真犯人フラグ

真犯人フラグ6話の感想とネタバレあらすじ!赤い傘は誰の物?

真犯人フラグ6話の感想とネタバレあらすじ!赤い傘は誰の物?
Pocket

日本テレビ系で日曜午後10時30分から放送されている日曜ドラマ『真犯人フラグ』が注目されていますね!

今回は、第6話のあらすじを簡単に紹介し、視聴者の方や私の感想をお届けします。

第5話のラストは、凌介が菱田の家の玄関で真帆が持っていた赤い傘を見つけて、菱田と目が合うという衝撃の終わり方をしましたよね。

最後の終わり方が怖すぎて、第6話がどんな始まり方をするのかドキドキしました。

第6話では、とうとう凌介の家族の現在の消息をつかめそうなところまでストーリーが進みましたね!

では、『真犯人フラグ6話の感想とネタバレあらすじ!赤い傘は誰の物?』と題して、まとめていきます。

ネタバレありで紹介するので、注意して読んでくださいね!

是非、最後までお付き合いください

 

真犯人フラグ5話ネタバレあらすじ

『真犯人フラグ』第6話では、赤い傘を見つけた凌介と何故か持ち主になっていた菱田が見つめ合うシーンから始まりましたね。

第4話、第5話でも話題になった菱田の押入れの中身について情報はあったのか気になる方もいらっしゃいますよね。

物語が進展して、ハラハラドキドキ感も増していました!

6話の最後の終わり方が怖すぎて、飛び上がりました…。

それでは、『真犯人フラグ』第6話の詳細なあらすじをネタバレ有でご紹介していきます♪

 

菱田が持っているのは真帆の傘?

真帆(宮沢りえ)が大切にしていた限定100本しかない珍しい傘と同じものを、菱田(桜井ユキ)の玄関で凌介(西島秀俊)が見つけるところから物語が始まります。

真顔だった菱田は突然笑顔になり、その傘は真帆とおそろいで持っていたことを説明します。

また、珍しい傘だったけど真帆とおそろいで持ちたかったので、フリマアプリで買ったと言います。

凌介が菱田が真帆の物と見られる傘を菱田が持っていたことを、二宮(芳根京子)や橘(佐野勇斗)たちに報告すると、菱田を疑った方がいいと全員から指摘されてしまいます。

しかし、ドライブレコーダーの映像に映っていた赤い傘を持っていた人はやはり真帆本人だったと凌介は主張し、家に帰るのでした。

凌介は、家の鍵を日野(迫田孝也)の店に落としたことに気づかずに帰宅すると、家の鍵が開いていることに気づきます。

一瞬真帆が帰宅しているのかと焦りますが、中から聞こえてくるのは謎の歌声。

よく見ると、なんと菱田が凌介の家に勝手に上がり込んで、凌介の服をアイロンがけしていたのです。

菱田は以前真帆と合鍵を交換していたので家に入れたことを説明し、凌介の誤解を解きます。

凌介は菱田の説明を信頼し、菱田にそのまま合鍵を持っていて良いと伝えます。

また、凌介は家族3人が失踪した日に菱田が何をしていたのかを聞くと、菱田は遅番で夜まで仕事をしていたと答えました。

ドライブレコーダーの映像に映っていた真帆らしき人物は、自分ではないと笑い飛ばすのでした。

しかし、菱田は凌介の見えないところで明らかに動揺した仕草を見せているのでした。

 

ぷろびんの動画と橘の生放送

ぷろびん(柄本時生)は、凌介に突撃取材し橘に制止されたときに撮影した動画を、橘を炎上させるような内容に編集してアップします。

案の定橘はネットで炎上しますが、生放送で一連の動画内容を否定することにしました。

橘は、サロンメンバーと出資者のみ閲覧できる生放送内で、動画内容を否定し、凌介の娘・光莉(原菜乃華)と付き合っていることや凌介と協力して調べていることを公表します。

真剣に頭を下げ、説明する橘の姿に心動かされた視聴者は、応援メッセージを送るのでした。

一方、凌介は部長から社員の不満を動画に撮影したものを見せられ、間接的に責められてしまいます。

二宮の機転でその場は収まりますが、凌介は精神的に追い込まれていきます。

 

10年前に会ったことがある謎の男?

林(深水元基)から連絡があり、凌介は林と会いますが、そこで契約をなかったことにしてほしいと林から謝罪されます。

凌介は家族との約束であり、未来である新居を諦められず、工事を延期するようお願いするのでした。

その帰り、凌介は謎の男と踏切ですれ違います。

謎の男から、10年前くらいに会ったことはないか聞かれます。

凌介は名前を尋ねますが、電車が通った後、謎の男は姿を消していました。

週刊追及の河村(田中哲司)とその部下は、菱田の息子・清明(桑名愛斗)と接触しようとしますが、猫おばさん(平田敦子)によるネズミ捕りの罠引っ掛かります。

菱田の息子・清明は、押入れに向かって凌介の息子・篤人(小林優仁)の名前を呼びながら謝り続けるのでした―――。

 

流星群を見に行く約束

警察は、日野の店へ行き、凌介を恨む人物はいないか質問します。

日野は、過去に真帆が大学のサークルのマドンナ的存在であったことから、自分を含め凌介を恨む人物は多いことを説明します。

過去には、凌介と真帆は流星群を一緒に見に行くという約束をしているため、サークルメンバーで集まる約束を断るほどのラブラブっぷりでした。

一方、二宮は菱田の整体院に客として潜入していました。

そこで、菱田は平日夕方までしか働かないため、凌介に言っていた「失踪当日は遅番で遅くまで働いていた」という発言が矛盾していることが発覚します。

しかし、二宮が菱田の赤い傘について従業員に聞いていたことが菱田に知られてしまいます。

橘は、菱田のインスタグラムを調べていました。

そこで、菱田が真帆が身に着けるものと同じものを買って身に着けていることが発覚します。

菱田さんの真帆に対する執着心が恐ろしいですね。

また、橘はドライブレコーダーの映像に映っていた凌介の息子・篤人と同じ服一式がフリマアプリで販売されているものを発見します。

 

映し出される光莉の現在

凌介がスマホを見ると、なんと真帆のスマホからメッセージを受信していたことに気づきます。

メッセージには、しし座流星群の写真が一枚ついているだけでした。

しかし、しし座流星群は失踪する直前に一緒に見ようと真帆と凌介が約束していたものでした。

二人しか分からないメッセージが凌介に送られていることから、このメッセージの送り主が真帆本人であることを確信します。

凌介はすぐさま刑事・阿久津(渋川清彦)に通報するのでした。

翌日、二宮と凌介は会社宛てに届いていた謎のメールを発見します。

そのメールには、「お探しのものです」という名前のファイルが添付されていました。

ファイルを開くと、血だらけになった椅子が写っていました。

そして、画面が切り替わり次の瞬間映ったのは、監禁されている凌介の娘・光莉の姿でした―――。

 

真犯人フラグ5話の感想

『真犯人フラグ』第6話の感想を集めてみました。

今回は、怖いシーンやドキドキするシーンが多かったからか、Twitterでも『真犯人フラグ』がトレンド入りしていましたね。

今回も伏線になりそうな部分が多く見られたので、私も考察ツイートをたくさん読みこんじゃいました!

途中で、顔が写らない人が包丁でニンジンをみじん切りにしていて血を流し、スマホの着信音がなるワンシーンがありました。

表示されているのは「充さん」の文字。

まだ登場していない人物の名前ですね。

謎の男の名前もまだ分かっていないので、もしかしたら「充さん」という名前である可能性もあります。

ちなみに、橘の生放送時にコメントをしていたのも「MICHIRU」でしたね。

このコメントも関係しているのでしょうか。

伏線らしきものが散りばめられていて、どれがヒントになっているのか難しいです!

 

猫おばさんが団地の周りにネズミ捕りを仕掛けていましたね。

サッカーボールを蹴り入れた人物は、ネズミ捕りが団地の周りにあることを知っていた人物なのでしょうか。

 

菱田に合鍵を持たせたままにしてしまう凌介に驚いた方も少なくないと思います(笑)

あれだけ狙われて命まで落としかけているのに、どうしてすぐ人を信用してしまうのでしょうか…。

凌介の行動は見ていてハラハラします。

でも、優しいところは凌介というキャラクターの良さでもありますね!

 

今回は、私も日野の発言や行動が怪しいと感じました。

画像をよく見ると、日野も結婚指輪をしていますね!

凌介と真帆の結婚報告にあんなに残念がっていたのに、実は結婚していたなんて驚きました。

そして、現在まで日野の奥さんらしき人物は登場していません。

日野が何かを隠している気がするので、今後の日野の行動や発言にも注目したいですね!

 

この血のついた椅子が映ったときは、飛び上がりました(笑)

凌介のトランクルームにある椅子や橘の椅子に似ているという考察が見られました。

椅子を映すということは、何らかの関係があるのかもしれませんね。

このあとの光莉の表情もかわいそうで忘れられません…。

 

今回も、菱田の家の押入れの中に何が入っているのかは分かりませんでしたね。

今回は、押入れの前で凌介の息子・篤人の名前を呼びながら謝る菱田の息子・清明のシーンがありました。

篤人の名前を呼ぶということは、篤人に関する何かが入っているということでしょうか。

菱田は真帆の身に着けていたものと同じものを購入して身に着ける癖があったことから、菱田が購入したものを真帆の物だと思い込んで、清明は母親が犯人だと疑っている可能性もあります。

一体押入れに何が入っているのか、早く知りたいですよね!

 

まとめ

『真犯人フラグ』第6話について、ネタバレありのあらすじや感想をまとめてみました。

家族が誘拐されていたということが確定しましたね!

最後の添付ファイルの映像はホラー映画のように怖かったです。

家族を無事に助け出すことができるのか、気になりますね!

娘のあんな映像見てしまったら、父親は心配で仕事どころじゃないでしょうね…

第7話では、凌介がどのように精神的に追い詰められていくのか注目です。

『真犯人フラグ6話の感想とネタバレあらすじ!赤い傘は誰の物?』を最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

ドラマ『真犯人フラグ』公式サイトが気になる方はこちらからどうぞ。

Pocket