スポーツ

オリンピック表彰式の衣装デザインひどい?変更署名やデザイナーは誰?

オリンピック表彰式の衣装デザインひどい?変更署名やデザイナーは誰?
Pocket

オリンピックの表彰式でメダリストを先導している人が着ている衣装のデザインがひどい!と話題になっています。

衣装の変更を求めるTwitterも拡散されているからか、初日以降は衣装が目立たないように、テレビに映らないように、と配慮されてるような気もします。

ですが目に付くと「何この衣装??」と思ってしまう方が後を絶たないようです。

オリンピックの表彰式ですから世界中に見られる衣装なのに、ひどいって・・・、デザイナーは誰なのでしょうか?

衣装変更の署名は本当にされているのでしょうか?

『オリンピック表彰式の衣装デザインひどい?変更署名やデザイナーは誰?』と題してお届けしますので、是非最後までご覧ください。

 

オリンピック表彰式の衣装デザインひどい?

こちらが東京オリンピック表彰式の衣装です。

オリンピックの表彰式と言えば、開催国の伝統的な衣装が一般的なんい、コレはどういうことでしょうか?

表彰式の衣装については、ドン小西さんが「居酒屋のユニホーム」と表現したり、ネット上では「健康ランドの館内着」などという声もあります。

韓国のチマチョゴリにも似ていますよね。

何より、日本には着物という世界的にも認められている伝統的な素晴らしい衣装があるのに、なぜ、こんなカジュアル着になってしまったんでしょう?

この衣装はひどい!という言葉が出ても仕方ないように感じます。

よく見るとスカートの一部がプリーツになっていたり、上着は今はやりの後ろが長いデザインになっていたりと流行を取り入れているのかもしれませんが、オリンピックの衣装にそんな事は必要ないですよね。

会場の青い壁と一体化できるという意味では黒子に徹するスタッフのイメージに合うのかもしれませんが、お客様を迎えるには、そして晴れの表彰式という舞台を飾るには、カジュアルすぎるます。

 

韓国の民族衣装であるチマチョゴリにそっくりといった意見もあり、日本らしさがまったく出ていない残念な衣装となっています。

 

東京五輪オンラインショップで販売されている浴衣の方が素敵ですね。

コロナで外出制限があり選手村から出ることができない海外選手。

少しでも日本らしさを味わって欲しいと思うとやはりこの衣装は残念でなりません。

 

MIKIKO案の表彰式衣装は着物だった

今回のオリンピックでは、KIMONOプロジェクトというものもあったようです。

KIMONOプロジェクトによる着物の制作は、参加国をイメージするデザインで、全部で213か国分あるそうです。

すでに制作もされお披露目するだけだったという着物たち。

スタッフが授与式で着ることができないなら、せめて開会式の際に展示するという案もあったようですが、展示案はKIMONOプロジェクトと関係会社の関係悪化等から実現しませんでした。

見ることができないなんて残念ですね。

オリンピック開閉会式の当初の責任者は演出家、振付師であるMIKIKO氏でした。

2020年11月に辞任届を提出してしまったMIKIKO氏の表彰式衣装はどんなものだったのでしょうか。

MIKIKO
  • 本名:水野幹子
  • 生年月日:1977年8月11日
  • 年齢:43歳(2021.7現在)
  • 出身地:広島県
  • 職業:振付師、演出家
  • 活動期間:1996年 –

IOCも絶賛したと言われるMIKIKO氏の開会式案ですが、とりわけ衣装がどんなものだったのか気になりますね。

残念ながら表彰式用の具体的なデザインを見つけることはできなかったのですが、

MIKIKO案では表彰式用の衣装は着物だったという噂があります。

MIKIKO氏指揮の元、KIMONOプロジェクトが採用されていたらと思うと残念ですね。

こちらは2019ラグビーワールドカップの表彰式衣装ですが、華がありますね。

こちらも同じくラグビーワールドカップの表彰式の写真です。

男性のはかま姿も良いですね。

オリンピック衣装が残念でなりません。

1964年の東京オリンピックでも1998年の長野オリンピックでも、メダル授与の際にはスタッフは振袖を着ていました。

日本といえば着物、と連想する海外の方も多いでしょうし、せっかくの晴れの舞台ですから、華やかに飾りたかったと思います。

 

オリンピック表彰式の衣装デザインの変更署名できる?

このデザインについてTwitter上では、変更を求める署名運動が拡散されています。

残念ながら変更署名運動がされたとしても、今からの変更は間に合いそうにありません。

開催地は日本ですが、オリンピック自体はIOCが開催するものであるため、プログラムの変更等にはIOCの承認が必要です。

衣装もプログラムの一つとして考えられているため、開会式1か月前までに承認を得ることという要件を満たさなくなってしまうからです。

それでも何とか声を伝えることができないものかと頑張っていらっしゃる方々がいます。

正式な署名運動は無いようですがが、東京五輪の公式サイトのお問い合わせページから思いを伝えている方も多いようです。

 

オリンピック表彰式の衣装デザインのデザイナーは誰?

オリンピック表彰式の衣装デザインのデザイナーは山口壮大(やまぐちそうた)さんです。

たしかにショーのデザインはかっこいいですね。

山口壮大(やまぐちそうた)
  • 生年月日:1982年生まれ
  • 出身地:愛知県常滑市
  • 職業:スタイリスト、ファッションディレクター
  • 活動期間:2006年 –

山口壮大さんは文化服装学院卒業制作で和服と洋服を組み合わせた作品で学長賞を受賞しています。

ショーでも山口さんらしさが出ていますね。

それだけに今回の衣装が残念でなりません。

キンコン西野さんが、以前東京オリンピックのエンブレムのデザインについて、Twitter上で「負けエンブレム展」なるものを開催したのを思い出しました。

多くの素晴らしい作品があったにも関わらず結局オリンピック組織委員と同じ結果になってしまった、なんていうお話をされていました。

(ご興味のある方は、西野さんの本「魔法のコンパス」をご覧ください。)

日本らしさと平等と、と検討していくといかにもお役所が選んだようなデザインになってしまうものなのでしょうか。

 

オリンピック表彰式の衣装山口壮大さんの思い

オリンピックの表彰式衣装については、2019年公募の際「新しい礼服」というコンセプトが掲げられていました。

山口壮大さんは、公募に参加する際に過去の東京、長野オリンピックの際の振袖のスタッフについて伝統をそのまま継承するだけでよいのかという疑問を持ったそうです。

そして単なる継承とならないよう挑戦をした結果が今回の衣装とのこと。

日本らしさと次の時代を予感させるデザインを考えたといいます。

山口壮大さんは、元々着物と洋装を組み合わせたようなデザインが得意な方です。

卒業作品もショーに参加する作品にも独特の感性があります。

オリンピックの表彰式衣装についても、青一色に見えますが、実際にはグラデーションになっているそう。

エコ素材を利用したり、和装の良さ、洋装の良さを細かな部分に取り入れているとのこと。

テレビの画面越しではこだわりが見えてこないのが残念でなりません。

 

まとめ

オリンピックの表彰式衣装が現在話題となっていますね。

今回は気になる衣装のデザイン、ひどいから変更したいという署名運動まで出ている衣装がどんなものなのか、デザインしたデザイナーさんはどなたなのかなどを調べてみました。

せっかくのオリンピックの表彰式ですから、着るスタッフさんはもちろんテレビで目にする私たちも笑顔になれるデザインがいいですね。

個人的には着物や浴衣の表彰式が見たかったと思ってしまいます。

ひどいとうわさの衣装デザインですが、デザイナーの山口壮大さんの思いがたくさん詰まっていることもわかりました。

テレビ越しではこだわりが伝わらないのが本当に残念です。

最後までお読みいただきありがとうございました。