エンタメ

オフィスキーフ謝罪文の嘘を愛知県知事Twitterで検証!全文も紹介(波物語2021)

オフィスキーフ謝罪文の嘘を愛知県知事Twitterで検証!全文も紹介(波物語2021)
Pocket

2021年8月29日、愛知県で開催された野外フェス「NAMIMONOGATARI(波物語)」が、酷い状況だったと大問題になっています。

「NAMIMONOGATARI(波物語)」が開催されたと当時、愛知県は緊急事態宣言が出ていましたが・・・

  • 観客数は緊急事態宣言下の制限人数5000人を越えていた。
  • ビールなど酒類が提供されていた。
  • 観客同士が距離をあけず蜜状態。
  • マスクを付けずに蜜に接している人達がたくさんいた。

「NAMIMONOGATARI(波物語)」は来場者に写真や動画のSNS投稿OKとしていたので、この状況は一気にTwitterで拡散し、大炎上・大問題へと発展しました。

マスコミでも大々的に報道され、「NAMIMONOGATARI(波物語)」の主催者オフィスキーフは、30日夕方にホームページに謝罪文を発表しました。

ですが、この謝罪文には嘘があったようです。

オフィスキーフ謝罪文の嘘を愛知県知事がTwitterで指摘していましたので、全文と共にご紹介します。

 

オフィスキーフ謝罪文の嘘を愛知県知事Twitterで検証!

「NAMIMONOGATARI(波物語)」の主催者オフィスキーフは、密フェスの翌日30日夕方に公式サイトに謝罪文を発表しました。

オフィスキーフの謝罪文全文は後ほどご紹介しますが、この謝罪文をみると、

  • 愛知県とこまめに連携し相談しながらやってきた。
  • チケットの販売も酒の提供も、愛知県から了承された範囲での開催内容だった。
  • ソーシャルディスタンスやマスクなどは呼びかけても徹底してもらえなかった。
  • こんな状況になるとは想定外だった。

というふうに読み取れます。

この謝罪文を見たひとからは、愛知県の対応も悪い!とか、言い訳ばっかりだな!という感想が出ていました。

ですが、どうやらこの謝罪文には嘘があったようです。

8月31日午後に、愛知県の大村知事がTwitterで怒りを表しています。

 

①まずは、「NAMIMONOGATARI(波物語)」の主催者オフィスキーフに抗議文を送っていますよと愛知県民にアピールから入り・・・

②いつの間にか謝罪文が配信されてるけど、主催者側に都合の良いように内容に嘘がある。と違う部分を細かく指摘しています。※嘘の内容詳細は次に紹介しています。

③そして、愛知県で把握してるNAMIMONOGATARI(波物語)との折衝状況(謝罪文に嘘があるということの証拠)も提示↓

 

オフィスキーフ謝罪文の嘘①酒類提供が許可されていた

「NAMIMONOGATARI(波物語)」の主催者オフィスキーフ謝罪文には「過度な飲酒でなければお酒の提供も可能という状態で愛知県から話しをいただき」とあります。

この部分をみて、「え?そうなの?」と愛知県に不信感を持った人も多かったと思います。

ですが、愛知県大村知事によると、「8月12日のWEB面談で、酒類提供の自粛を要請している。過度の飲酒でなければ~なんて説明した事実はない!」と反論。

愛知県の主張が正しいとすれば、謝罪文のこの嘘は酷いですよね!

愛知県の担当者が見ればすぐ嘘だと分かるのに、少しでも人のせいにしようとしていて、呆れてしまいます。

 

オフィスキーフ謝罪文の嘘②チケット販売終了の時期

オフィスキーフ謝罪文には「チケット販売が5000枚を超えていた為、愛知県の指示に従い、8月20日でまずチケット販売を終了」とあります。

この文面だと、5000枚まではチケット販売して良いと愛知県から許可されていたと感じます。

ですが、愛知県大村知事によると、8月12日のWEB面談の時点で、まだチケットを販売しているなら即停止するよう伝えたそうです。

8月12日の時点でチケット販売中止していれば、今回の来場者数はもっと減っていたでしょうね。。。

 

オフィスキーフ謝罪文の嘘③酒類提供は報告してた

オフィスキーフ謝罪文には「一部キャンセルできない物を販売しますと愛知県担当者に報告をし、過度の飲酒にならない様~」とあります。

コレを見ると、愛知県も酒類販売しているの黙認してたんじゃん!を思いますよね。

ですが、愛知県大村知事によると、8月24日のWEB面談でキャンセルできない酒類を販売したいと言われたが・・・

  • キャンセルできなくても、自粛するよう強く要請した。
  • 8月26日・27日にも、メールで自粛するよう伝えた。
  • 野外フェス当日には、電話もして自粛するよう求めた。

とのことです。

まあ、謝罪文には「報告した」と書いてあるだけで、認めてもらったとは書かれていないので、嘘ではないかもしれませんが、卑怯ですよね。

 

オフィスキーフ謝罪文全文

「NAMIMONOGATARI(波物語)」の主催者オフィスキーフは、野外フェス翌日の8月30日午後、公式サイトに「お詫びと経緯のご説明」という題名で、謝罪文を掲載しました。

謝罪文全文は下記の通りです。

この謝罪文は、オフィスキーフ公式サイトから8月31日夜には削除されています。

来場者のせいにしていて謝罪文になっていないと批判が殺到していたのもあるでしょうが、嘘がバレて更に炎上することが目に見えていますからね。。。

 

まとめ

「NAMIMONOGATARI(波物語)2021」の主催者オフィスキーフの謝罪文が嘘だった件について、愛知県知事のTwitterを元にご紹介しました。

愛知県から酒類の提供を許可されていたとか、チケット販売終了時期も指示通りとか、嘘ばっかりでビックリしましたね。

謝罪文で嘘つくなんて、もう救いようがない・・・

「NAMIMONOGATARI(波物語)2021」の主催者オフィスキーフは、利益優先で保身しか考えてないようにしか見えません。

自粛を頑張っている他の音楽関係者や愛知県民、医療従事者へ心からの謝罪がされるといいのですが・・・。

「NAMIMONOGATARI(波物語)2021」の問題が、この後どうなるか見守りたいと思います。

『オフィスキーフ謝罪文の嘘を愛知県知事Twitterで検証!全文も紹介(波物語)』を最後までご覧いただき、ありがとうございました。