お役立ち情報

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー
Pocket

パナソニックで人気の衣類スチーマー、NI-FS780とNI-FS770の違いを比較・紹介していきます。

NI-FS780が2022年3月、NI-FS770が2021年5月に発売されたモデルです。

NI-FS780とNI-FS770を比較したところ、値段と発売日以外の違いは3つありました。

  1. NI-FS780はハンドルが抗菌加工になっている
  2. NI-FS780の方が軽い
  3. カラーバリエーションが違う

衣類スチーマーとしての機能面では、それほど大きな違いは見当たりませんでした。

本文では、NI-FS780とNI-FS770の違いや共通点を分かりやすくまとめていますので、購入を検討している方は是非チェックしてみてくださいね。

 

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780とNI-FS770の違いを比較してご紹介します。

NI-FS780とNI-FS770には下記のように3つの違いがありました。

  1. NI-FS780はハンドルが抗菌加工になっている
  2. NI-FS780の方が軽い
  3. カラーバリエーションが違う

それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

また、最後にはスペックも含めた比較表をご紹介していますので、参考にしてください♪

 

違い①ハンドルが抗菌加工に変化

2022年モデルのNI-FS780は、ハンドル部分に抗菌加工がつきました!

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー

常に手が触れる部分なので、ハンドルが抗菌になっていつでも清潔に使えるのは安心ですね♪

 

違い②重さ:NI-FS780の方が軽い

NI-FS780の重さは690g、NI-FS770は705gなので、NI-FS780の方が約15g軽くなっています。

15gというと、500円玉2枚程度の重さなので大した違いはないかもですが、ずっと続けて使う時は少しでも軽い方が有り難いですね。

水タンクの容量は変わらず大容量(115ml)をキープしているので、メリットでしかありません♪

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー

一般的な衣類スチーマーは1kg前後するところ、パナソニック衣類スチーマーNI-FS780の重さは690gなので、軽々と使えるのは嬉しいですね。

 

違い③カラーバリエーションが違う

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780とNI-FS770は、カラーバリエーションが微妙に違います。

NI-FS780(2022年モデル)

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー
  • アイボリー(NI-FS780-C)
  • カームグレー(NI-FS780-H)

NI-FS770 (2021年モデル)

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー
  • ベージュ
  • ダークグレー

NI-FS780(2022)もNI-FS770(2021)も白系とグレー系の2色展開です。

NI-FS780のアイボリーの方がNI-FS770のベージュよりも白っぽく、NI-FS780のカームグレーよりもNI-FS770のダークグレーの方が黒っぽいですね。

とはいっても、比べないと気付かないレベルの違いのように感じます(^^;

どちらもマットな質感でとてもおしゃれなので、どちらを選んでも見た目での違いは気にしなくて良さそうです★

 

違いとスペック比較表

改めてパナソニック衣類スチーマーのNI-FS780とNI-FS770の違いがよく分かるように、機能や特徴のスペック比較表をご紹介しておきますね。

※違うところを赤文字にしています。

NI-FS780 ​(2022年)NI-FS770 ​(2021年)
消費電力100V-1200W
(50/60Hz共用)
100V-1200W
(50/60Hz共用)
コーティングセラミックコートセラミックコート
スチーム持続時間約10分約10分
スチーム量瞬間4倍パワフルスチーム瞬間4倍パワフルスチーム
スチーム穴の数6穴6穴
立ち上がりにかかる時間19秒19秒
水タンク115ml115ml
ドライアイロン
温度調節
高温:ドライ 約160℃/スチーム 約190℃
中温:ドライ 約140℃/スチーム 約155℃
低温:ドライ 約110℃
高温:ドライ 約160℃/スチーム 約190℃
中温:ドライ 約140℃/スチーム 約155℃
低温:ドライ 約110℃
自動ヒーターオフ
持ち手の抗菌加工X
本体寸法(cm)幅8×高さ13×長さ16.5幅8×高さ13×長さ16.5
収納時寸法(cm)幅9×高さ15×長さ17.5幅9×高さ15×長さ17.5
重さ(g・スタンド含まず)690g705g
電源コード長さ約2.5ⅿ約2.5ⅿ
カラー・アイボリー
・カームグレー
・ベージュ
・ダークグレー

 

NI-FS780とNI-FS770はどっちがオススメ?

違い比較どっち

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780とNI-FS770の違いが分かったところで、結局どっちがオススメなのか見ていきましょう♪

どちらも機能面ではほとんど変わらない、高性能な衣類スチーマーですよ。

NI-FS780 (2022年モデル) がオススメな方

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS770よりもNI-FS780の方がオススメなのは、こんな方です。

  • 抗菌加工のついたハンドルで清潔に使いたい
  • 腕が疲れやすので、少しでも軽いスチーマーの方がいい
  • 新しいモデル・新商品を使いたい
  • NI-FS780のカラーの方が好き

 

NI-FS770 (2021年モデル) がオススメな方

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780よりもNI-FS770の方がオススメなのは、こんな方です。

  • 新しいモデルにはこだわらない・新品ならOK♪
  • 大きな違いがないなら、値段はできるだけ安い方がいい
  • NI-FS770のカラーの方が好き

 

NI-FS780とNI-FS770の機能や特長

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780とNI-FS770のに共通の機能や特徴をチェックしておきましょう。

 

連続スチームが約10分もできる

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780とNI-FS770は、どちらもタンク容量が115mlもあるので、約10分間も連続してスチームを出すことができます。

10分あれば、途中で給水しなくても、その日に着て行こうと思っている衣服をきれいにケアできそうですね♪

 

パワフルでワイドなスチーム

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780とNI-FS770は、どちらも平均スチーム量は1分あたり平均約11gと、普段の衣類ケアには十分のスチーム量となっています。

さらに簡単なボタン操作で、高温設定時に出るスチームより更に4倍のスチーム量を噴出することができます。

頑固なシワを取ったり、気になるニオイを脱臭するのに効果的ですね♪

さらにスチームが広がりやすいように、スチーム穴が配置されているので、細かく動かし回らなくても、衣類全体をケアできるのもうれしいですね。

 

360°パワフルスチーム

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー

本体をどんなに傾けても給水口が下向きになるタンク構造なので、360度どんな角度で使ってもスチームが安定してたっぷりでます。

給水口の向きを考えて持ち替えたりしゃがんだりする必要がないのは、ありがたいですね!

 

立ち上がりスピードが速い

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780とNI-FS770は、どちらも電源を入れてから約19秒で使えるようになります。

わが家のアイロンは、予熱できるまで1分以上かかっているので、19秒とは驚きです!

19秒で使えるなら、忙しい朝や、出かける直前に気付いた衣服のしわもさっとケアできるので最高ですね♪

しかも、切り忘れても自動的に電源が消える「自動ヒーターオフ機能」もついているので、安心です。

 

アイロンとしても使える

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780とNI-FS770は、どちらもアイロン面が平らなので、普通のアイロンとしても使えます。

3段階の温度調節もできるようになっているので、デリケートな衣類でもしわ伸ばしできますよ。

通常のアイロンと比べると、アイロン面が少し小さいかもしれませんが、アイロン面は滑りやすいセラミックコートで、先端は生地に引っ掛かりにくい緩いカーブ形状となっています。

NI-FS780とNI-FS770の違いを比較!どっちがオススメ?パナソニック衣類スチーマー

これなら、朝さっとハンカチにアイロンをかけたり、ズボンやシャツの襟に折り目をつけたりするのも簡単ですね♪

 

脱臭や除菌ケアもできる

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780やNI-FS770を使って、衣類に高温のスチームをあてることで、脱臭や除菌もできます。

生活5大臭(生乾き臭・ペット臭・タバコ臭・汗臭・飲食臭)のほか、加齢臭や防虫剤臭にも効果があります★

制服やジャケット、コートなどは、洗いにくいしクリーニングに出すと時間もお金もかかるので、家で手軽にニオイのケアまでできるのは助かりますね♪

スチームの高温には、衣類の除菌やアレル物質(ダニ由来・花粉)抑制効果まであるので、赤ちゃんの衣服や布マスクにも良さそうですね。

 

使い方が簡単

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780やNI-FS770の使い方はとっても簡単です。

  1. 専用カップで水道水をタンクに入れる
  2. 電源を入れ、ランプが点滅から点灯に変わるのを待つ(約19秒)
  3. スチームボタンを押す(ボタンを押している間スチームが出る)
  4. 使い終わったら電源を切る(切り忘れても自動OFF機能あり)

電源入れてスチームを出したい時はボタンを押す。これだけですね。

スタンドが耐熱になっているので、使用後や使用途中など本体が熱いままでも、気にせず置けて便利です。

また、コードレスではありませんが、コードが2.5mと長くなっているので、届く範囲を気にせず楽に使えますよ♪

 

NI-FS780とNI-FS770の違いまとめ

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780(2022年モデル)とNI-FS770(2021年モデル)の違いを比較し、共通の機能や特徴、どちらがオススメかなどご紹介しました。

NI-FS770とNI-FS780の違いをおさらいしておくと…

  1. NI-FS780はハンドルが抗菌加工になっている
  2. NI-FS780の方が軽い
  3. カラーバリエーションが違う

の3点です。

NI-FS780(2022年モデル)には抗菌加工がつき、15g軽くなっているので、使いやすくなっています。

ですが、NI-FS770(2021年モデル)も機能的にはほとんど変わらず、衣類ケアを楽にしてくれる素敵なスチーマーですので、どちらを選んでも間違いはなさそうです★

後は値段の差がどのくらいか次第になりそうですね。

パナソニック衣類スチーマーのNI-FS780やNI-FS770で迷っている方の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Pocket