スポーツ

馬瓜エブリンが会社設立?所属チームやナイキとの関係も紹介!

馬瓜エブリンが会社設立?所属チームやナイキとの関係も紹介!
Pocket

女子バスケットボールのオリンピック代表に選ばれた馬瓜エブリン選手、日ごろ女子バスケに興味が無い人にも人気ですね。

そんな馬瓜エブリン選手は、会社を設立しているそうです。

一体どんな会社なのでしょうか?

所属チームと会社は関係あるのか、ナイキのポスターにもなっているしスポンサー契約なども気になります。

今回は、馬瓜エブリン選手の設立会社や、バスケの所属チームやナイキとの関係をしらべてみました。

 

馬瓜エブリンの設立会社とは?

バスケットボールの日本代表・馬瓜エブリン選手は、なんと2つの会社を設立し、経営しています。

どんな会社なのか、調べてみました。

 

Circle Of Life株式会社

こちらはYoutube動画になりますが、こんな風にバスケをメインとして常に情報発信をしています。

そんな馬瓜エブリン選手の一つ目の会社は、Circle Of Life株式会社です。

事業内容は、スポーツ選手マネジメント、スポーツコンサルティング等。

女子バスケ選手の活動の場や表現の場を広げ、女子バスケの価値を上げることを目的としているとのこと。

サイトに掲載されている馬瓜エブリン選手の画像は、モデルのようで素敵です。

180cmという長身、スポーツ選手ならではの引き締まった身体、モデル以上にかっこいいですね。

バスケットプレーヤーだからバスケだけをする、なんていうのはもう昔の話。

プレーヤーとして何ができるのか、じぶんが好きな、そして活躍している女子バスケ界を良くしていくために何ができるのか、そんな思いを持って作られた会社だということがわかります。

 

QUICK COACH

馬瓜エブリン選手の会社を調べていると「QUICK COACH」が出てきたので、「QUICK COACH」が会社かとおもったのですが、前述のCircle of lifeが運営するサイトでした。

「QUICK COACH」は、バスケをしている子供たちが、オンラインでアドバイスをもらえるというものなのです。

スポーツといえば、対面でないと練習ができない、コーチに見てもらえないと思いがちですが、このサイトでは違います。

15秒から30秒程度の動画を送ると、それに対してアドバイスを返してもらえます。すごく画期的ですよね!

これについて馬瓜エブリン選手は、

  • 子供が、自分自身で何を聞いたらいいのか、何が必要か考えるようになる。
  • バスケを通して子供の考える力を育てていきたい。

そういった趣旨の事を述べています。

 

LAUNDRY JAPAN合同会社

馬瓜エブリン選手の2つ目の会社は、LAUNDRY JAPAN合同会社です。

「スリーブバンド」という商品、会社名の通りLAUNDRY(洗濯)に関連する商品を企画販売しています。

 

 

ポーツ選手ならではの視点から開発された商品で、バンドに洗濯物を通すことで、ネットに入れるよりきれいに洗濯ができるという商品ですね。

ネットに入っている分、ちゃんと洗えてるかなって思うことありますよね。

クラウドファンディング形式で販売がされています。

運動部のお子さんや夏場の旦那さんが気になる主婦の皆さま必見です。

現在はこちらの商品のみの取り扱いのようですが、スポーツ選手ならではの視点、なるほどなぁと思わせられます。

今後の商品展開に期待が持てます。

 

馬瓜エブリンの所属チーム

[box class=”box26″ title=”馬瓜エブリンの所属チーム”]

  • 所属:トヨタ自動車アンテロープス
  • 監督:ルーカス・モンデーロ(スペイン出身)
  • 戦績:2020年Wリーグ初優勝、2020年全日本バスケットボール選手権大会準優勝
  • ホームアリーナ:スカイホール豊田、岡崎中央総合公園総合体育館、名古屋東スポーツセンター

[/box]

馬瓜エブリンの所属チームは、トヨタ自動車アンテロープスです。

カモシカを意味するアンテロープス、女子バスケのスピード感、美しさ、繊細さを表現するチーム名となっています。

 

馬瓜エブリンとナイキの関係は?

ナイキは現在日本バスケットボール協会とサステナブル素材を利用したユニフォールを提供するなどといったパートナーシップを結んでいます。

馬瓜エブリン選手は、これについて

女子バスケットボールもグローバルになっていこうという現れ、

これから世界と戦っていくのに喜ばしいことと発言しています。

両親共にガーナ人という馬瓜エブリン選手。

見た目から、そしてハーフでもないということから、日本生まれ日本育ちにも関わらず日本人ではないと言われることが多かったという馬瓜エブリン選手。

日本人とは何を指すのかを考え続けてきたという言葉には考えさせられるものがあります。

自分をどう表現したらよいかわからなかったときに出会ったバスケで仲間とプレーすることの楽しさやコミュニケーションを学んだとのこと。

今では日本人であることよりも世界に出ていけるような人になりたい、日本人であることは誇りだけれどこだわることはないと思えるようになったとのこと。

まだまだ見た目から判断されがちな世の中一般ですが、日本人としてプレーすると決めた選手をもっと応援して欲しい、そう述べる馬瓜エブリン選手とナイキのスローガンが一致した形のパートナーシップ提携となりました。

ナイキの伝統×グローバルというスローガンと共にチャレンジャーである女子バスケの進化、馬瓜エブリン選手の今後が楽しみです。

 

まとめ

馬瓜エブリンの設立会社とは?所属チームやナイキとの関係も紹介!をお届けいたしました。

現役の女子バスケ選手でありながら経営者の顔も持つ馬瓜エブリン選手。

馬瓜エブリン選手の経営する会社は二つ。

女子バスケ選手の活動の場を広げたいと作られたCircle Of Life株式会社。

そんなCircle Of Life株式会社が運営するサイトQUICK COACHは子供たちのために何ができるかを考えて運営されています。

そして、LAUNDRY JAPAN合同会社。

スポーツ選手ならではの視点から作られた商品が目を惹きます。

どちらもバスケを通じて自分が何に貢献できるか、子供たちのために何ができるかということを考えられた会社でした。

バスケを通じて世界を広げていく、そんな馬瓜エブリン選手の生き方に共感を持ちました。

最後までお読みいただきありがとうございました。