スポーツ

池透暢の事故原因や運転手は誰?凄まじい経歴も紹介!

池透暢の事故原因や運転手は誰?凄まじい経歴も紹介!
Pocket

今回は『池透暢の事故原因や運転手は誰?凄まじい経歴も紹介!』をお届けします。

池透暢(いけ ゆきのぶ)さんは、車いすラグビー日本代表のキャプテンをされています。

リオパラリンピックでは銅メダルを獲得しており、東京パラリンピックでも期待されているようです。

パラリンピックの団体の中で、一番金メダルに近いと言われている車いすラグビー。

メダルを期待され、キャプテンの池透暢さんへのプレッシャーは相当なものでしょうね。

そんな池透暢さんが車いすになった、事故原因はいったいなんだったのでしょう。

交通事故のようですが、その時の運転手は誰だったのかということが話題になっていたので調べてみました。

また、事故後の池透暢さんの凄まじい経歴についてもご紹介します。

池透暢さんの事故や経歴について気になっていた方は、是非最後までご覧ください。

 

池透暢の事故原因や運転手は誰?

池透暢さんは19歳の時に、車が街路樹に激突するという事故に遭います。

この事故が原因で、左足を失って車椅子になってしまったんですね。

友人達4人と一緒にドライブをしていた時の出来事だっだそうです。

交通事故に遭っただけではなく、衝突により車が大炎上。

友人3人は助からず、池透暢さんも一命はとりとめたものの、全身の4分の3にやけどを負いました。

とても大きな事故ですが、その事故原因や5人の中で誰が運転手だったのかは発表されていません。

街路樹に衝突したとしか情報がないので、他の車や人との接触による事故ではなく、単独事故の可能性が高そうです。

だとすると、何かを避けようとしてハンドル操作を誤ったか、スピードの出し過ぎか・・・というのが一般的な事故原因ですが、池透暢さんの事故がどうだったかは分かりません。

また、もしも池透暢さんが運転手なら、何らかの形で公にしていると思いますので、友人4人のうちの誰かが運転していたのではないかと推測されます。

池透暢さんは誰が運転手だったかは勿論覚えているでしょうが、周囲の人達のことを考えて、事故の運転手と事故原因については、今出ている情報以上に言及することはないだろうと思われます。

 

事故後の思いとリハビリ

池透暢さんの左足はやけどで切断することになり、左手は神経損傷により全く動かなくなってしまいます。

膀胱は破裂し、右足と骨盤は骨折という大けがです。

この時から池透暢さんの車いす生活が始まりました。

やけどの治療やリハビリは、もう想像を絶する辛さで、何度ももう人生も全てやめてしまいたいと思ったそうです。

ですが両親や友人から同乗していた友人達も頑張っているのだと聞き、自分も頑張ろうとそれだけが治療の活力だった池透暢さん。

みんなからは自分が、一番大変な症状だと聞かされていたそうです。

しかし、実は他の3人は亡くなっていたのだと後に知らされます。

ご両親やお友達は池透暢さんのことを思って、嘘をついていたのですね。

怪我の治療よりもつらい出来事で、ショックだったという池透暢さん。

同時に友達の分も頑張らなければと、気持ちを切り替えたそうです。

何度もだめだと思いながら、つらいリハビリをがんばったと言われていました。

池透暢さんのユニフォーム姿を見ると、背中には痛々しいやけどの跡が残っています。

やけどで損傷した皮膚を移植する手術を、40回以上も行ったそうです。

池透暢さんの治療は、想像できないほど大変だったでしょうね。

このときにやればやるほど自分が変わっていくのを実感できたそう。

その後精神的に余裕が出てきたときに、スポーツを始めてみようと思ったとのことでした。

とても大変な出来事だったと思いますが、これが池透暢さんの今の原動力になっているのかもしれませんね。

友達のためにも、頑張って有名になりたいという気持ちを持たれています。

 

池透暢の凄まじい経歴も紹介!

事故後もすぐに車いすラグビーを始めたわけではなく、まずは車椅子バスケットの選手を経て現在に至る池透暢さん。

その経歴がとても興味深いものだったので、ご紹介します。

  • 2000年 交通事故に遭う
  • 2003年 車いすバスケットボールを始める
  • 2010年 車椅子バスケ日本代表候補
  • 2013年 車いすラグビーに転向
  • 2015年 車いすラグビー日本代表のキャプテンになる
  • 2016年 リオパラリンピック 銅メダル
  • 2018年 車いすラグビー世界選手権 金メダル
  • 2019年 渡米しアメリカリーグに挑戦
  • 2021年 東京パラリンピック日本代表

中学時代にバスケットボールをしていた池透暢さん。

リハビリ中に車椅子バスケットに誘われ、すぐに始めたそうです。

知っている競技だと、またやってみたいと思えますよね。

車椅子バスケット選手として日本代表候補までになりますが、選ばれることはありませんでした。

手が片方しか使えないというのは、車椅子バスケットではハンデになっていたようです。

そこで、車いすラグビーに転向した池透暢さん。

車椅子ラグビーは、車椅子バスケよりも障害が重い選手が活躍していました。

四肢に障がいのある選手たちが残存機能を最大限に活用しながらプレーできると考え、悩みながらも車いすバスケから車いすラグビーに転向を決意。

とても悩んだそうですが、亡くなった友人の為にも輝きたいと決めたようです。

車椅子バスケのチームメイトは快く送り出してくれたそうですよ。

競技が違っても車椅子でのプレーが評価され、2年目にして車いすラグビー日本代表キャプテンを任されるまでになります。

転向してすぐに評価されるなんて、すごいです。

思い切って転向を決意して、成功だったんでしょう。

試合でも結果を残されているので、とても強いチームということが分かります。

東京パラリンピックでも、金メダルを期待せずにはいられません。

キャプテンとして頑張る池透暢さんを応援したいです。

池透暢は結婚してる?妻と息子やインスタも紹介!車いすラグビー
池透暢は結婚してる?妻と息子やインスタも紹介!車いすラグビー今回は『池透暢は結婚してる?妻と息子やインスタも紹介!』についてお届けします。 2021年8月24日に開幕する東京パラリンピックで...

まとめ

車いすラグビー日本代表キャプテン池透暢さんは、凄まじい経歴をお持ちだということが分かりました。

車椅子になった事故原因は、友達とドライブ中に車が街路樹に衝突して炎上したことでした。

運転手が誰だったのかはわかりませんでしたが、一緒に乗っていた友達が3人亡くなります。

その友達の分も頑張りたいと、我慢できないほどのリハビリと治療に耐えられたのですね。

その後車椅子バスケットボールの選手を経て、車いすラグビーの選手になったという驚きの経歴の持ち主でした。

しっかり記録を残し、キャプテンとしてしっかりその役目を果たしている姿はさすがですね。

事故原因を知って池透暢さんの背景を知ることで、さらにパラリンピックを応援したいという気持ちが高まります。

ぜひ頑張って金メダルを目指してほしいです。

応援しましょう。

『池透暢の事故原因や運転手は誰?凄まじい経歴も紹介!』を最後までご覧いただき、ありがとうございました。