アバランチ

アバランチ3話の感想とネタバレあらすじ!リナがドラック接種?

アバランチ3話の感想とネタバレあらすじ!リナがドラック接種?
Pocket

今回は『アバランチ3話の感想とネタバレあらすじ!リナがドラック接種?』をお届けします。

前回のドラマ「アバランチ」2話では、牧原(千葉雄大)の過去について明らかになりましたね。

涙なしには見られなかったと、話題になっていました。

3話ではリナ(高橋メアリージュン)をメインに話が進みます。

アクションシーンがかっこよくて、すでにアバランチにいなくてはならない存在のリナですがどんな過去があるのでしょうか?

2021年11月1日放送の第3話の感想や、あらすじをご紹介します。

ネタバレが含まれていますので、注意してお読みください。

 

アバランチ3話ネタバレあらすじ

ドラマ「アバランチ」3話のミッションは、各界の超VIPが通っているという噂の会員制高級サロン・悠源館のオーナー黄月蘭子(国生さゆり)が隠し持つKファイルを手に入れること。

今回のメインはリナですが、フラッシュバックしてうなされるような過去があるようです。

事件とどう関係してくるのでしょうか?

ネタバレを含め、あらすじをもっと詳しくご紹介していきますね。

 

今回のミッション

政府御用達の店、悠源館。

その裏の顔を暴きKファイルを手に入れること、それがアバランチの今回のミッション。

そして、さらに裏で糸を引く大山を炙り出そうと考えていました。

悠源館は各界のVIPがお忍びで通うサロンですが、そこでの密談の情報を記録したものがKファイルです。

こんなところがあったら、情報が駄々洩れで怖いと思います。

Kファイルを利用し、蘭子は総理大臣の信頼をも得ているのでした。

また、サロンとは別に蘭子は芸能事務所を経営しています。

そのタレントはホステスとして悠源館で働かされていて、5人の女性が不審な死を遂げているのです。

全員悠源館で接待をした後、VIPとホテルに同行した際に亡くなっているのでした。

何やら危険なにおいがしますね。

悠源館での様子を知るべく、リナがホステスとして潜入することになりました。

 

西城が吹っ切れる

警視庁特別犯罪対策企画室では、西城(福士蒼汰)と山守が爆破テロの資料を広げています。

忘れてましたが普段は、警察の職務をするためここにいるんでしたね。

公安刑事の資料には羽生や藤田(駿河太郎)の名前があり、藤田が山守の大切な人だと感じる西城なのでした。

西城からアバランチの真の目的を聞かれた山守は、3年前の事件の事を話し始めます。

それを聞いた西城は。これからはアバランチに協力していくように決意するのでした。

今まで煮え切らない態度でしたが、吹っ切れたようですね。

警察官手帳を使い、ホテルの映像を入手。

この時のやってやった感たまらない西城の顔が、とても新鮮でした。

映像には女好きで有名な田淵議員(矢柴俊博)とホステスが入っていく姿。

その後、蘭子と事務所社長の安住が、大きなトランクケースをもってホテルを後にする姿が・・・。

これでホステスの死に、蘭子が関わっていることがハッキリします。

人の命をなんだと思っているんだ、リナの声が怒りで震えていました。

 

悠源館へ潜入

リナはホステスとして、悠源館に潜入することに成功。

カメラ付きのネックレスで、メンバーが画像を共有しています。

サロンを抜け隠し部屋に入ると、悠源館のすべての座席の監視カメラ映像が管理されていました。

賄賂・収賄の場を提供した上で証拠として保存することで、Kファイルの正体で大山が関与しています。

亡くなったホステス達は、Kファイルを充実させる為の道具だったのです。

自分の利益のために人の夢を利用するなんてひどい・・・。

リナがデータをコピーしようとしますが、外部を遮断するセキュリティにより失敗してしまいます。

悠源館の闇を知るには田淵に近づくしかないと、リナは田淵に近づき色仕掛けをするのでした。

 

違法ドラックの強要

社長の安住から違法ドラックを渡され、ホテルで田淵の相手をするようにと言われたリナ。

ホテルに着くと、違法ドラックを飲むように強要する田淵。

こんな奴が政治家なんて、ありえないですね

リナは大量のドラックを一気に飲み、痙攣し始め倒れてしまいました。

田淵は慌てて蘭子に電話しますが、またですか?とあきれた様子の蘭子。

今までの女の子たちもきっとこの手口で、亡くなってしまったのでしょう。

ホントに女を何だと思っているんだ、怒りしかありません。

蘭子たちがトランクケースをもって駆けつけるが、リナが生きていることを確認すると今回は処理しないと立ち去ります。

リナが飲んだのは偽物の薬だったのです。

 

リナの過去

証言はとれたのですが、リナの怒りは収まらず田淵に馬乗りになります。

タレントになりたかったリナの友達のかのん。

しかし違法ドラックにむしばまれ、バスルームで手首を切って亡くなったってしまいました。

思い出しながら涙を流し、リナは田淵を殴り続けます。

そして車に戻ってきたリナを、羽生が優しく抱きしめるのでした。

 

アバランチの正体がバレる?

大山はアバランチは山守が作った、と疑っているようです。

さらに大山に恨みを持つ可能性のある人物リストに、山守や羽生の名前も・・・。

さらに桐島の調査が優秀なんです。

  • 落ちていた毛髪から、30代の女性がいるとわかる(りな)
  • プロではないアマチュアハッカーがいる(マッキー)
  • メンバーが警察の中にいる可能性がある(西城・山守)

証拠と事実の紐づけがドンピシャですごい。

アバランチメンバーの正体が少しづつ、バレ始めているようです。

 

アバランチ3話の感想

だんだん面白くなってきた、アバランチ3話の感想についてまとめてみました。

今回はリナの過去が明らかになりましたね。

3話は女性からの感情移入の声が多かったように思います。

高橋メアリージュンさんの演技が、すばらしかったです。

喜怒哀楽全てを一瞬で変化させていて、演技が上手だなと思いました。

 

今回は薬物を題材にしているだけあって、ハラハラさせられましたよね。

リアルすぎて、身近にありそうとさえ思ってしまいました。

国生さゆりさんの演技もはまり役で面白かったです。

それと同時に、怒りの感情が抑えられないという方もいたのではないでしょうか?

来週、早くスッキリする制裁を加えてほしいですね。

マンネリ化ともいわれていましたが、制裁を楽しみにしている自分がいます。

 

まさに雪崩をおこしているアバランチ。

展開だけでなく面白さも加速していっています。

回を追うごとにどんどん深みを増して、中毒になっている方も多いのでは?

 

その後に羽生がリナを抱きしめるシーンに、ふり幅がすごいと思った方もいるのではないでしょうか。

こんなことされたら好きになっちゃいますよね。

ドキドキしました~♪

今回は羽生が大人し気味だったので、早く暴れる姿が見たいと思います。

 

まとめ

ドラマ「アバランチ」3話のネタバレあらすじ、感想をご紹介しました。

リナちゃんのことを考えると、胸が痛くなる回でしたね。

今回は最後の制裁がなかったので、次回に続きそうですが蘭子を追い込んでほしいですね。

次は打本(田中要次)の回かな?

楽しみにしたいと思います。

『アバランチ3話の感想とネタバレあらすじ!リナがドラック接種?』を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Pocket